プロフィール

吉良 星春(きら あかり)

動物画家・動物彫刻家

Fauna Artist・ Animal Carver

Foster Parent of Giant Panda and Bichon Frise

吉良星春ってどんな画家?

「地球に住む生き物たちの温もりを作品に込めて、その輝く生命の大切さを伝えていきたい。」
そんな想いで動物たちを描き続けているFauna Artist(動物作家)です。

小さな森をのぞむアトリエで制作に励む彼女の傍らには、いつも愛犬TERRE(テール)が寄り添っています。
暖かな息づかいを感じる動物たちをモチーフとした作品を生み出す彼女の使う画材は、一風変わっています。日本画・水彩画をメインとしての絵画制作や、木から生み出す繊細なアニマルカービングのほか、上海名人画家の羅成驤画伯に師事した「火筆」という特別な画具で墨絵のように木を焦がし一瞬で描く技法では日本人唯一です

Hello.I’m an artist from Japan.

I use traditional mediums such as watercolor, aclilic, oil,
Japanese color and special burning tool called Huǒ Bǐ.
#I am a only one Huǒ Bǐ artist in Japan.
In my childfood , I drew pictures at my grandfather*s atelier.
I enjoy creating #2D,3D…animals and nature-inspired .
Especially I am happy to draw my adoped Panda YeYe and lovely doggy Terre .
My inspired art is influenced from the “another”world brightness …
I saw it at the time of near-death experience.
Whenever I draw pictures, thinking of the quality of the life of all animals .

Thank you

歴史history

■神戸女学院大学 家政学部児童学科にて児童文学・児童心理を学ぶ
京都インターナショナルアカデミー 絵本研究科にて絵本について学ぶ

■1999年~個展
神戸市 北野ラインの館・ギャラリー蝶屋・ギャラリー北長狭・スイスシャレー
芦屋市 ギャラリー篝火・ギャラリー藤
西宮市 阪急百貨店・ギャラリー小さい芽

1992年~合同展・二人展
兵庫県民会館・芦屋市美術館・芦屋的水美術館・栃木文化会館・大丸(芦屋・京都)
阪急百貨店・阪神百貨店・高島屋・東急ハンズ神戸三宮、池袋・西宮市門戸厄神人形供養祭・東京山脇ギャラリー・新宿御苑ギャラリー・銀座ギャラリー・大阪ギャラリーセンティニアル・大阪ギャラリー4匹の猫・西宮ギャラリー華・芦屋ギャラリーリベラル
東日本大地震有馬チャリティイベント(有馬)・四川省大地震チャリティ個展(芦屋)他

仕事work

・王子動物園ポストカード
・風見鶏の館、ラインの館グッズ
・DOCOMO関西HP
・都市銀行イメージキャラクター
・パンダ薬局などロゴ看板デザイン
・AUDAXジャージデザイン
・人と防災未来センターバンダナデザイン
・パンダ研究所フローティングペンデザイン
・阪急百貨店コトコトステージ講師
・風見鶏の館講師
・知的障碍者施設あいあい絵画講師

出版publication

「だいすきおじいちゃん」(絵本・東本願寺出版)
・雑誌「同朋」(絵本・東本願寺出版)
「生きた英語が身につく語学留学のススメ」(挿絵・明石出版)

メディアmedia

【テレビ】・NHK(ぐるっと関西 他)
・関西テレビ(よーいドン!となりの人間国宝さん)
・JCOM芦屋
・KCATテレビ
・eo光テレビ(ビタペディア)

【ラジオ】・FMラジオゲスト出演(さくらFM・FMわいわい)

【新聞】   ・毎日新聞
・神戸新聞
・読売新聞
・「パンダ2001」(祥伝社)

受賞等

神戸新聞社賞・ぺんてる金賞・芦屋市展入選・手作り絵本展入選・わたしの芦屋展入選

資格

絵本アドバイザー・アニマルホリスティックカウンセラー

所属

WWF・四川省臥龍パンダ研究所・芦屋動物愛護協会
日本ワイルドライフアート協会・関西野生生物画クラブ

Topへ